ベランダ防水

■雨水に負けない建物を構築する

比較的雨水にさらされやすいベランダは、防水工事が行われていることがほとんどです。ベランダですので劣化が住まいに直接影響することは少ないと思われるかもしれませんが、住宅全体の耐久性に影響を及ぼすこともあるため、防水性をしっかり保つことが重要です。

ベランダの防水性が失われると、雨水がベランダを通して内部に浸入してしまいます。建材の腐食、カビ菌の発生など、建物の健康だけでなく、私たちの健康も害されてしまうため、不具合が見られる場合は防水工事を行いましょう。

 

■ウレタン防水施工

国内シェアNo.1のウレタン防水は、塗装タイプの防水施工のため、複雑な形状や狭い場所での施工がしやすく、ベランダの防水工事に最適です。また塗料が軽量で安価、仕上がりが美しいという点も特徴。施工する建物への負担が少ないことから、もっとも選ばれる防水工事です。

▼お客様のご要望に合わせて施工法を選択します。

【コストをあまりかけたくない…そんな方に】
密着工法…約1~5年ほど、防水機能を維持させることが可能。

【耐久性をしっかり持たせたい!そんな方に】
気緩衝工法…約10~15年ほど、耐久性のある防水層を保つことが可能。

▼対応業務はこちら

▼お問い合わせはこちら

【代表直通/事務所】080-4670-6555/0254-44-6770
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【受付時間】8:00~18:00(日・祝定休)
【対応エリア】胎内市を中心とした下越エリア

一覧ページに戻る