各種吹き付け塗装

■あらゆる塗装法に対応可!そのひとつが吹き付け塗装

皆さまもご想像できるように、現在の塗装工事ではローラーを使ったローラー塗りが主流です。工事の多くがローラーを使って外壁塗装をされています。その次に行われているのが『吹き付け塗装』という塗装法です。

吹き付け塗装とは、空気の吹き出す力を利用し、粒子状の塗料を直接加圧して塗装面に吹き付ける方法です。ローラー塗りが主流になる以前は吹き付け塗装の方が主流でした。それは施工スピードが早いというメリットがあったからです。また外壁に様々な模様をつけてデザインすることもできるため、他とは違う外壁の仕上がりを味わうことができるのも、吹き付け塗装ならではの特徴です。

○吹き付け塗装のメリット

・様々な模様をつけて塗装面をデザインできる
・ローラー塗りに比べ、作業スピードが圧倒的に早い
・大規模な建物(倉庫など)の塗り替えに適している

○吹き付け塗装のデメリット

・風に塗料が流されやすいため、天候によって作業できる日が限られる
・塗料を散布する方法のため、施工前の養生作業に時間がかかる
・塗装時に機械の騒音が発生する

 

■ローラー塗装とどちらがいいのか?

同じ外壁塗装を行うのであれば、より仕上がりが美しく、長持ちする方を選びたいというのがお客様の本音です。しかし実際のところ、ローラー塗装と、吹き付け塗装では仕上がりの差や耐久年数の差は大きく違いませんのでご安心ください。

どちらの塗装方法でも左右されるのは塗装職人の技術。塗料の希釈率や乾燥時間を守るなど、基本的な施工品質を守る業者でなければ、不具合に繋がってしまいます。吹き付け塗装は職人の高い技術力が必要な塗装法のため、対応している業者は多くありませんが、当方であれば吹き付け塗装のご要望も承っております。

▼対応業務はこちら

▼お問い合わせはこちら

【代表直通/事務所】080-4670-6555/0254-44-6770
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【受付時間】8:00~18:00(日・祝定休)
【対応エリア】胎内市を中心とした下越エリア

一覧ページに戻る