外壁張り替え

■塗装では対処できない…そんな時も伊藤塗装なら安心!

外壁の劣化で塗り替えを行うのは一般的ですが、劣化が著しい状態であれば、塗装工事で対処しきれないケースももちろんあります。そんな時にも当方で工事を行えるように、塗り替えでは対応できないケースに善処できるように、伊藤塗装では外壁材の張り替え工事を行っています。

住宅の外壁ではサイディング材が用いられることが多いですが、大きく分けて窯業系と金属系があります。それぞれで特徴やメリット、また見た目やデザイン性なども異なるため、住まいに合わせて選ぶことが大切です。

 

■二種類のサイディングの違い

○窯業系サイディング

窯業(ようぎょう)系サイディングとは、セメントに繊維質の原料を混ぜ、板状に形成した外壁材のこと。デザイン性が豊かなことから人気の高い外壁材です。

▼窯業系サイディングの特徴
・耐震性や耐久性、防火性に優れる
・デザインが豊富
・リフォーム性が高い

窯業系サイディングのメンテナンス周期は7~10年。サイディングそのものの寿命は30~40年なのですが、それよりも先に目地材やサイディング表面の塗装に劣化が見られるようになるため、定期的にメンテナンスを行いましょう。

○金属系サイディング

ガルバリウムやアルミなど、金属の鋼板を成形・加工し、断熱材で裏打ちしたものが金属系サイディングです。金属のスマートな質感が、住宅にモダンな雰囲気や高級感を演出させます。

▼金属系サイディングの特徴
・断熱性、耐震性、防水性に長けている
・凍害の心配がない
・モダンでシャープなデザイン住宅のような見た目になる

金属系サイディングのメンテナンス周期は10~15年。水の浸み込みやヒビ割れの心配がないため、窯業系よりもメンテナンス周期は少し長めです。しかし金属がゆえのサビの発生にはご注意ください。立地環境にもよりますが、沿岸部での塩害など、思わぬ影響でサビの発生が早まる可能性があります。

▼対応業務はこちら

▼お問い合わせはこちら

【代表直通/事務所】080-4670-6555/0254-44-6770
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【受付時間】8:00~18:00(日・祝定休)
【対応エリア】胎内市を中心とした下越エリア

一覧ページに戻る