事業内容

外壁塗装

住まいの外壁には塗装工事がされていることが一般的ですが、街を見渡してみると外壁表面がボロボロになってしまった家があったり、ヒビ割れが入っている外壁を見ることもあると思います。

外壁は風雨・紫外線・排気ガスの汚れなどで次第に劣化していき、様々な傷みが目立ちはじめます。ヒビ割れや塗料がボロボロになってしまっているということは、もう何年も塗装工事を行っていないのでしょう。

しかし塗装工事を行わずにいると、そういった傷んだ箇所が雨漏りやカビ・腐食の原因となってしまいます。塗装工事はいわゆる「住まいのコーティング工事」です。住まいを長持ちさせるために、外壁塗装が行われます。

もっと見る

屋根塗装

比較的簡単に劣化の状態を見極めることが可能な外壁と比べ、屋根は高所のためセルフチェックが難しい箇所。しかし放置してしまうと、外壁同様、劣化箇所から雨漏りを引き起こしてしまう可能性が高いのも屋根です。

もしご自宅の外壁に劣化症状があって、今まで一度も塗り替えたことがないという場合、屋根は外壁よりも紫外線や風雨を受けやすい環境ですから、同等かそれ以上の劣化が進んでいると考えていいでしょう。そもそもコケやサビ、塗料の剥がれなどの劣化症状が現れているということは、塗料に防水性が失われているということですので、お早めの塗り替えをご検討ください。

もっと見る

コーキング・シーリング

水回り設備や窓周りで、隙間に水が浸入しないようにゴム状の目地材が埋められているのはご存知かと思います。これはコーキングやシーリングと呼ばれるものですが、弾力性と防水性を兼ね備えているため、住宅外壁などでも用いられます。

住宅外壁の場合、防水性を高めるのはもちろんですが、衝撃吸収や建材同士の衝突で破損しないようにする目的もあります。コーキング(シーリング)が劣化すると、そういった役割を果たすことができなくなるため、増し打ちや打ち替えの工事が必要となります。雨漏りを防いでくれるだけでなく、サイディングの劣化も防いでくれるものですから、目地材の劣化がありましたら、合わせてご相談ください。

もっと見る

各種吹き付け塗装

皆さまもご想像できるように、現在の塗装工事ではローラーを使ったローラー塗りが主流です。工事の多くがローラーを使って外壁塗装をされています。その次に行われているのが『吹き付け塗装』という塗装法です。

吹き付け塗装とは、空気の吹き出す力を利用し、粒子状の塗料を直接加圧して塗装面に吹き付ける方法です。ローラー塗りが主流になる以前は吹き付け塗装の方が主流でした。それは施工スピードが早いというメリットがあったからです。また外壁に様々な模様をつけてデザインすることもできるため、他とは違う外壁の仕上がりを味わうことができるのも、吹き付け塗装ならではの特徴です。

もっと見る

木部灰汁洗い

塗装工事を行う前段階では、塗装面を高圧洗浄し、汚れなどを綺麗に落としてから塗るというのが一般的です。このような下地処理の経験を活かし、当方では木部灰汁(アク)洗いのご依頼もお引き受けしております。

経年で次第に黒ずみが目立つようになる木部ですが、木部灰汁洗いを行い、汚れを落とすだけで色味が明るくなり、お部屋までもパッと明るくなるように感じられます。灰汁洗い後は灰汁止めや劣化防止のためにコーティング剤を塗布しますので、木部の風合いを守ったまま、劣化を抑制することができます。

木部灰汁洗いは築年数が40~50年経過した木部でも同じように施工が可能です。汚れをしっかり落とし、気持ちのよい空間に生まれ変わらせてみませんか?

もっと見る

ベランダ防水

比較的雨水にさらされやすいベランダは、防水工事が行われていることがほとんどです。ベランダですので劣化が住まいに直接影響することは少ないと思われるかもしれませんが、住宅全体の耐久性に影響を及ぼすこともあるため、防水性をしっかり保つことが重要です。

ベランダの防水性が失われると、雨水がベランダを通して内部に浸入してしまいます。建材の腐食、カビ菌の発生など、建物の健康だけでなく、私たちの健康も害されてしまうため、不具合が見られる場合は防水工事を行いましょう。

もっと見る

外壁張り替え

外壁の劣化で塗り替えを行うのは一般的ですが、劣化が著しい状態であれば、塗装工事で対処しきれないケースももちろんあります。そんな時にも当方で工事を行えるように、塗り替えでは対応できないケースに善処できるように、伊藤塗装では外壁材の張り替え工事を行っています。

住宅の外壁ではサイディング材が用いられることが多いですが、大きく分けて窯業系と金属系があります。それぞれで特徴やメリット、また見た目やデザイン性なども異なるため、住まいに合わせて選ぶことが大切です。

もっと見る